代表挨拶

 一般社団法人国際心理支援協会は、2013年に大阪の私設相談室である「MEDI心理カウンセリング大阪」の法人化により設立が実現しました。国際心理支援協会では、日本国内にとどまらず、国内及び海外の知見を取り入れることや、カウンセリングや心理療法の普及・発展、ならびに日本国内での心理学的知見を世界に届けることを目的としています。

また、国際心理支援協会の英語表記をInternational and Psychological Support Association(IPSA)としているように、andを入れることによって国際支援と心理支援の両方の意味合いを持たせています。「心理」を含まない「国際支援」という言葉には、心理学的な側面だけではなく、日本人が海外との国際的な活動(教育・福祉・心理など)を行うための貢献ができればという思いを込めさせていただいております。

そのような国際支援・心理支援の未来に貢献していくことにご興味・ご関心をいただければ幸いに存じます。今後ともご支援賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表理事 淺井 伸彦