マインドフルネス/認知行動療法研修会

マインドフルネスや認知行動療法に関する講演、研修、ワークショップについて。

  • 第1回マインドフルネス・ベースド・認知行動療法トレーニングコース2019

    一般社団法人国際心理支援協会
    第1回マインドフルネス・ベースド・認知行動療法トレーニングコース2019
    主催:一般社団法人国際心理支援協会(IPSA)
    【お申込みフォームについては、1月23日午後7時から、このページにて公開いたします。】

    [はじめに]
    マインドフルネスは、仏教から発展したアプローチですが、最近心理療法だけでなく、ストレス対策としてビジネス業界でも注目されるようになってきています。
    その端を発したのが、ジョン・カバット・ジン博士です。瞑想に基づいたアプローチを1979年に「マインドフルネスに基づくストレス低減法(MBSR)」というプログラムにまとめました。同博士はマインドフルネスを「明確な意図のもとに、今という瞬間において、一切の判断を介さずに注意を対象に向けることから生じる気付き」と定義しています。カバット・ジン博士がマサチューセッツ工科大学のストレス低減クリニックで採用したのがきっかけとなって、徐々に応用分野が拡大しました。ビジネス業界では、米グーグル、米インテル、米IBMといった有力企業が、正式な社内プログラムとして採用しています。
    その一方で、アーロン・ベックが提唱した認知療法は、行動療法的なアプローチを取り入れ、認知・行動療法として確立しました。その認知療法の枠組みにティーズディールらがマインドフルネスを取り入れ、マインドフルネス認知療法(MBCT)を提唱しました。以後、MBCTは著しい発展を遂げ、多くのエビデンスが蓄積され続けています。

    このようにMBCTを含めマインドフルネスが心理療法として有効であるといわれているのにもかかわらず、学べる場はどこにあるのでしょうか。学会等でワークショップは開かれているものの、体系的で臨床に役立つもの学べる場が非常に少ないと思われます。そこで、国際心理支援協会では、マインドフルネス認知療法ワークブックの監訳者である、小山秀之先生をお招きし、全8回のトレーニングプログラムを開催することにしました。本トレーニングでは、より実践的な内容を目指し、認知行動療法のエッセンスを取り入れ、事例検討を含め、現場で役立つような理論・技法を身につけることを特長としています。

    [受講対象者]
    対人援助職としてメンタルヘルスに関わっており、秘密保持義務を守ることのできる方。

    [トレーニング日程](原則、金曜日18時半〜21時)
    *原則的に日程の変更は行わない予定ですが、万が一変更が生じる場合には、応募者全員にメールにて通知いたします。
    全8日間
    ①8月30日 ②9月6日 ③9月20日 ④9月27日 ⑤10月4日
    ⑥10月18日 ⑦11日1日 ⑧11月8日

    [トレーニング内容(予定)]
    *トレーニング内容については、講師の予定などによって多少変更の可能性がありますのでご承知おきください。

    1日目 ・マインドフルネスへの招待 全体概要
    2日目 ・身体性とマインドフルネス(オープンダイアローグクラスと合同)
    3日目 ・思考とマインドフルネス(doingモードとbeingモード) ・認知行動療法①
    4日目 ・身体性とマインドフルネス(オープンダイアローグクラスと合同)
    5日目 ・あるがままに受け入れること 集中瞑想 ・認知行動療法②
    6日目 ・思考を思考としてみる ボディスキャン瞑想 ・認知行動療法③
    7日目 ・思いやり(慈愛の瞑想) ・事例検討
    8日目 ・日常の中での習慣化(総復習) ・事例検討

    [募集定員] 
    20名

    [講師]
    小山秀之(特定非営利活動法人PeerNet(理事長),奈良大学・大阪歯科大学・関西福祉科学大学・関西医療大学(非常勤講師),和歌山大学教育学部附属校(教育相談),和歌山県臨床心理士会(理事),関西電力株式会社和歌山支部(メンタルヘルスアドバイザー)など。)

    [講師]
    伊藤之彦(一般社団法人国際心理支援協会(統括責任者),株式会社Cutting edge(専任コンサルタント))

    [場所]
    一般社団法人国際心理支援協会(大阪府大阪市北区西天満6-2-14-602)ほか。
    原則は大阪市内で開催予定。上記の会場はJR大阪駅より徒歩15分、大阪メトロ南森町駅より徒歩7分。

    [受講時間]
    20時間

    [受講料/振込先]
    86,400円(税込み)
    受講料の振込先は、お申込みいただきました方にお知らせいたします。

    [使用テキストと参考文献について]
    ・後日参加者に提示。資料配布あり
    使用テキスト:マインドフルネス認知療法ワークブック(北大路書房)

    [受講申込期限と受講者の選考方法]
    定員に達し次第終了。なお、定員以降はキャンセル待ちとさせていただきます。

    [キャンセルポリシー]
    2019年5月末日までにキャンセルのご連絡をいただいた場合、銀行振込手数料を除いた全額をご返金いたします。2019年6月1日〜7月末までにキャンセルのご連絡をいただいた場合、受講料の50%から銀行振込手数料を除いた金額をご返金いたします。ただし、2019年8月以降にキャンセルのご連絡をいただいた場合は、キャンセル料として受講料全額いただきますのでご了承ください。

    [修了要件] 
    6/8以上の出席で修了証をお渡しします。それ以下の出席でもご参加自体は可能です。

    [主催者]
    一般社団法人国際心理支援協会

    [お問い合わせ]
    TEL: 06-6926-4544 (MEDI心理カウンセリング大阪)
    E-mail: info@medi-counseling.com

    第1回マインドフルネス・ベースド・認知行動療法トレーニングコース2019へお申込み